こんさーる日記の別館です


by orataki01
まず、市町村合併の歴史をみてみよう。かつて大規模な市町村合併は3回あった。

1回目は明治の大合併(明治21年~)で71314件が15859件に減少した。ここでの目的は自然集落から近代的な町村へということで国家の近代化にあった。

2回目は昭和の大合併(昭和28年~)で9868件から3472件に減少した。
ここでの目的は敗戦を経た日本がアメリカンスタイルの自治を目指し、行政を効率化することだった。

3回目は平成の大合併(平成7年~)で3234件から1820件に減少している。
ここでの目的は不況による逼迫した財政を立て直すことが柱であるがそのほかにも以下のような要素がある。

1)自治能力の向上
2)地方行政の構造改革
3)社会システムの変化への対応
4)行政改革

合併はメリットだけでなくデメリットもたくさんある。

1)役場が遠くなって不便になる
2)中心部だけ良くなり周辺部はさびれる
3)歴史・文化・伝統が伝承されなくなる
4)住民の声が届きにくくなる

このデメリットを最小化し円滑な合併を実現させるために合併案件ごとに合併協議会が組織される。組織は合併協議会、幹事会、専門部会、分科会、事務局から成る。

電算システムにおける統合は分科会の中の電算部会で審議される。電算部会がITCが食い込む活躍の場のひとつとなっている。

合併となると各市町村の思惑が交錯し調整が難しい場合がある。この調整は事務局が行なうため事務局には優秀な人材が投入される。電算システム統合は以下のステップで進められる。

1)合併の目的の明確化
2)条例・規制の統合
3)組織の統合
4)業務プロセス・情報の統合
5)電算システムの統合

ITCが関与するのは4)5)である。1)2)3)が決まらないうちに4)がスタートすることもある。合併期日が決まっているから待っていられないという状況がある。

市町村の業務というのは比較的定型化しているので業務パッケージがほとんど導入されている。この中で一番バラツキがある業務は福祉関係だという。福祉は自治体の差別化業務なのであろう。

ベンダーは大手のF社、N社あたりが強く合併後も勝ち組でいられる公算は大きい。一方、地場のソフトベンダーは旗色が悪い。自治体としては地場産業を育成したいという思惑があり複雑である。

コンサルに入る場合は数人でチームを組むことが望ましい。複数のほうが安心感があるせいか受けがいいらしい。このチームのなかに自治体の業務に精通している人を取り込むことが成功の鍵となるようだ。
[PR]
# by orataki01 | 2006-02-11 22:09

意識調査を読み解く

企業診断ニュース2月号では協会登録診断士に対して新制度対応についてのアンケート調査を行なっている。これはベテランも新人も一緒である。(以降、A調査と呼ぶ)一方、診断士1年目の会でも意識調査の内容が発表された。これは当然、新人が対象である。(以降、B調査と呼ぶ)このふたつの調査データを比較検討することにより企業内診断士の置かれた立場や動的なアクションをある程度把握できるように思える。

1)最大の関心事である独立開業状態についてであるがA調査では独立者が34%が、B調査では8.2%である。ところがB調査において28%の人が独立計画があると回答している。つまりほぼ計画がある人の分だけ全体調査では独立者が増えていることになる。つまり、ザックリいうと計画がある人が独立するのであり、とりあえずの人は独立しないと言える。当然と言えば当然だが。

2)独立開業しない理由はA調査、B調査とも「収入が不安定」「受注獲得に自信が無い」「能力不足」がいずれも上位を占めている。収入が安定している独立開業というのはありえない。だからこのような結果は調査前から皆感じていることだ

3)年齢構成的にはA調査では40、50代で約53%なのに対してB調査では30代だけで52%を占めている。これは明らかな若返りである。情報系の問題が中高年の進出を阻んでいるように思える。マジョリティの世代が移動するに従い、コンサルティングスタイルや連携のあり方も随分と違ってくるはずである。本質的には人間性を考慮しつつもウェットな関係からドライな関係へ、オフラインからオンラインな関係へと変化してくるであろう。

4)女性の進出については構成割合がA調査では3%、B調査では7%と伸びているものの、いかんせん母数が小さすぎる。7%は約10名程度に相当する。基本的に女性にとって魅力ある資格にはなっていないのだろう。資格名称をカタカナにすればもうちょっと増えるかもしれない。

5)資格取得動機であるがA調査では自己啓発が64%でトップ、B調査でも自己啓発がトップであるが80%。新人は自己の能力開発・啓発には意欲的だ。裏返せば、中小企業のため、日本のためという意識はさほど無い。更新要件変更でのパブリックコメントでもこの視点で語られることは少なかった。いかに更新しやすくしてもらうかであり、いかに資格の目的に近づけるかではなかったように思う。

最後に、フリーコメントを読んだ全体的な印象であるが会費に見合う対価を「待って」いる人が多いように感じた。対価は自ら作るものであり待っていてはいけないと思うのだが。
[PR]
# by orataki01 | 2006-02-09 13:02

コンサルタントの法則

1)コンサルタントはI状態(ひま)かB状態(忙しい)のどちらかの状態にある。
→(B)と(I)を行きつ戻りつする。(I)に偏れば業界から退場である。(B)にとどまると質を問うようになる。「どうやればもっと仕事が取れるか」→「どうやれば自分にとって価値のある仕事をとれるか」

2)依頼主を獲得する最良の方法は依頼主を持つことである。
→コンサルタントの仕事はコンサルタントの仕事が多すぎるときに探すものである。

3)週に少なくとも1日は人目に触れるために使おう。
→仕事がどれほど堅く見えようとも週に1日は人目に触れるために使う。(執筆・講演)

4)自分にとって依頼主は、自分が依頼主にとって重要であり得るよりずっと重要だ。

5)一人の依頼主の仕事が仕事全体の25%以上にならないようにする。
→契約が切れたときは失業と同じだ。リスクヘッジせよ。電話一本で失業することがある。

6)マーケッティングのための最良の道具は満足した依頼主だ。
→以前雇ってくれた依頼主は初めての依頼主に比べて20倍も雇ってくれる見込みが大きい。

7)最良のアイデアは彼らにやってしまおう。
→気前のよさが印象として残る。

8)自分の卵を入れると味がよくなる。

9)時間の少なくとも25%は何もしないで過ごそう。
→時間がふさがると言うことは新しい仕事のチャンスを逸することである。依頼主に多くを与えすぎないようにする練習でもある。

10)マーケッティングは量のためにでなく質のためにしよう。

※「コンサルタントの秘密」より
[PR]
# by orataki01 | 2006-02-05 07:29

発信する地域

オンラインショップは今や誰でも立ち上げるし、誰でもが買い物をする。インターネットの普及により場所の格差が解消されたお陰で地域の生産者・商店はネットショップを通じて大きなビジネスチャンスを掴んだかに見える。しかしながら、あと一歩のところでショップ開店までこぎつけられない商店主は数多く存在する。

ネットショップに興味はあるものの決済をどのようにしたらよいかわからない。配送をどのようにしたらよいかわからない。どのように客を呼び込めばよいのかわからない。これらの悩みは躊躇している人たちに共通している。あとひと押しなのにと思う。

消費の回復傾向を受けて都市部では実店舗に客が回帰しつつある。しかし、地方ではネット販売を充実させなければいけない状態にある。どんな商材がネット通販に向いているかというようなことはあまり関係が無い。どtれくらい早く取り組めるかが成功と失敗の分水嶺になる。業種的にはどうか。薬事法改正の関係で健康食品・美容食品などは苦戦しているようだ。

ネットショップというのは物販だけにとどまらない。下請け加工業者でも特殊技術がある場合、そのノウハウを積極的に開示していくことにより系列以外の企業から声が掛かる可能性がある。そんなとき「この品物を加工してください」という問合せではなく「こんな加工できないかなあ」というようになる。製造業のネットショップの伸びはこれからが期待される。

ネットショップ立ち上げのノウハウを伝授するコーディネーターの役割は以下のものであるという。
1)大丈夫!と元気を出させる「ナース」であること
2)宿題をしないと注意をする「こわいおかあちゃん」であること
3)受講生の1年先を見通す「おとうちゃん」であること
4)商材がマッチングしそうな人を見かけたらしゃしゃりでる「おせっかいなお見合いばあちゃん」であること
5)コミュニティを盛り上げる「宴会部長」であること
6)受講生の声を講座に反映させる「よきパートナー」であること
7)売上達成したら一緒に「心から喜べるパートナー」であること
8)トラブルが発生したら公正におさめる「大岡越前」であること
9)講師陣の「通訳」であること
10)できない理由は全くなくしてあげる「かわゆい彼女」であること

このコンセプトは示唆を大いに含んでいる。診断士であろうとITCであろうとコーディネートするものに求められる要素がもれなく入っているからだ。
[PR]
# by orataki01 | 2006-01-29 12:57

8月のIT.経営研究会

いつものようにウォーミングアップのアンケート調査から。今回の難易度は「中」。

1)Ajax

Asynchronous JavaScript + XMLの略称。 (ウーム、へんな略称だ)JavaScript の組み込みクラスである XMLHttpRequest を利用した非同期通信を利用して、ウェブブラウザ上で既存の枠組みにとらわれないインタフェースを実現するための技術。実際には Ajax という技術が存在しているわけではなく、DHTML (JavaScript + CSS) と XMLHttpRequest にサーバーサイドのウェブアプリケーションとを加えたあわせ技のことを Ajax と呼ぶようになった。Ajax を用いて構築されたインタフェースの代表例として Google Suggest や Google Maps がある。 (ウーム、ここまで書いてもよくわからん!!)

2)RFC

Request For Comment の略称。インターネットに関する技術の標準を定める団体であるIETFが正式に発行する文書。 IP(RFC 791)、TCP(RFC 793)、HTTP(RFC 2616)、FTP(RFC 959など)などインターネットで利用されるプロトコルや、その他インターネットに関わるさまざまな技術の仕様・要件を、通し番号をつけて公開している。 (これは知っていたぞ!)
3)PKI

Public Key Infrastructureの略称。公開鍵暗号やデジタル署名サービスを提供するのに必要とされる総合システムをPKI(公開鍵インフラ)という。PKIの目的は、鍵と証明書の管理である。これらの機能を管理することにより、企業は信頼性の高いネットワーク環境の構築、維持をすることができる。PKIを導入すれば、さまざまなアプリケーション上で、暗号やデジタル署名サービスを利用することができる。 (KPIとまちがえないように。KPIはITコーディネータの領域だ)


【今月の気になるIT記事】
(N氏・S氏)こんなベンダーは嫌われる[日経コンピューターより]

日経コンピューターでは顧客満足度調査を通して嫌われるベンダー像を明確にした。
1)プロと呼ぶには程遠い
2)売上至上主義
3)ビジネスの常識がない

要約すると上記のようになる。同業界に身をおく私にも大いにうなずける点がある。顧客の見る目は刻々と厳しくなっている。現場はじかに感じることがヒエラルキーを上るに従って受け止める感じが鈍ってくる。中間で都合の良い情報に加工される場合もあるだろうし、顧客がサイレントカスタマーであることも多い。ただ、サイレントカスタマーにアンケートをすると、ここぞとばかり不平不満をぶつけてくる。このような声なき声を機敏に拾い上げる感性がないと客を失う。これは仕組ではなく感性の問題だと思う。

ビジネスの常識がないという側面は業界入りしたときから感じていたことだ。新卒からこの業界で育つとこの感覚がわかりにくいのかもしれない。挨拶しない、などというのはいいほうで極端な個人主義に走る技術者も多い。間違ったスキル万能主義がもたらす弊害かもしれない。一方、プロと呼ぶに値しないスキルのエンジニアが顧客の信用を失うというのも悩ましい現実である。

(OG氏)米ブッシュ政権「.XXX」ドメインに待った--ICANN、微妙な立場に

結局、イロモノのO氏の本領発揮とあいなった。ブッシュ政権が、オンラインポルノ専用の仮想赤線地帯が誕生することへの懸念を理由に、「.xxx」ドメインの設置に異議を唱えているという。「.XXX」はICANNがポルノを一箇所に集めてカテゴライズしようとしたものだが、逆に.XXXが無法地帯化する危険性もあることから異論が唱えられた形である。この規制が逆にアダになるというパラドックスがインターネットの世界の面白いところである。まだまだ、インターネットは奥が深いぞ。

(OK氏)インターネットの好ましくないサイト利用警告(第三回)

OK氏のご協力により勤務先の警告通知を見せてもらった。抑止力を働かせようと毎回、アクセス統計を社員に配信して、不正アクセスを撲滅しようというものらしい。第三回目というのにめげずにオンラインショッピングを楽しんでいる剛の者もいるという。第一位は「娯楽」となっているが何が娯楽だかよくわからない。旅行会社のサイトやニュースなどもこの範囲かもしれない。さすがにログ追跡されるのが恥ずかしいのかポルノや出会い系サイトのアクセスは微小のようだ。

しかし、「麻薬」とか「カルト」とかの分類があるのはいったい何なのだろう。人間の心の襞の内側をのぞくようなアクセス解析というのはちょっと怖い。とにかく会社では不用意なキーワード検索しないことだ。

(OK氏)裏インターネット事件簿

SNSが悪用されるという事例紹介だった。デリヘル業界も壮絶な生き残り競争をしているようで、ソーシャルネットワークにデリヘル嬢が侵入しオフ会の延長で商売するというものらしい。いやあ、SNSは基本的に顔出し(出さない人も多いけど)て本名を名乗るものでしょう。デリヘル嬢も必死なんだね。基本的に本名じゃあなさそうな人とオフ会やるのは控えたほうがいいかも知れない。
[PR]
# by orataki01 | 2005-08-21 18:24
【コンプライアンス】

・顧問先企業、コンサルティング先企業等が特定されるような表現はいたしません。

・守秘義務がある情報は取り扱いません。

【プライバシーポリシー】

・個人情報保護に関する法令およびその他の規範を遵守します。

・本ブログではアクセスされた方の情報をアクセスログという形で記録しています。アクセスログは、アクセスされた方のプロバイダー名、ドメイン名やIPアドレス、検索キーワード、使用しているブラウザの種類、アクセス日時などが含まれますが、通常は個人を特定できる情報を含むものではありません。これらのアクセスログはブログの利用状況に関する統計分析のために活用されますが、それ以外の目的で利用されることはありません。

・本ブログには、「クッキー(Cookie)」と呼ばれる技術を利用しています。読者は、ブラウザの設定を使用して、「クッキー」の使用を許可するかしないかを選択できます。現在(05/07/30時点)クッキーは読者の訪問回数を読者自身が認識するためにのみ使用しています。

・本ブログが提供するサービスおよびコミュニケーションを通じて収集した読者の個人情報は、該当サービスの運用範囲のみに適用し、それ以外に利用することはいたしません。ただし以下の場合を除きます。

(1) 読者が自ら自己の氏名、住所等その他の個人情報を開示し、あるいは開示に同意しているとき。
(2) 法令の規定に基づいて、裁判所、警察その他の国家機関またはこれに類する機関より読者の情報の開示を求められたとき。

【著作権など】

本ブログ上のコンテンツの著作権は、ブログの運用企業に帰属しますがブログ管理者に許可なく複製、改変、転用、販売、出版などの二次利用することはご遠慮ください。(ブログ運用企業はこの限りではありません)

【リンクについて】

・本ブログへのリンクは営利、非営利、を問わず、リンクは自由といたします。リンクの許諾は不要です。ただし、本ブログを誹謗中傷するものやアダルトコンテンツを含むサイトからのリンクはお断りします。

・トラックバックについても上記リンクに準じます。ただし、キーワード検索で一括トラックバックかける方は拒否する場合があります。あくまでもブログを読んでいただいてからのトラックバックが基本となります。

【免責事項】

・本ブログのコンテンツの内容について正確性、妥当性について、一切保証するものではありません。

・また、本ブログを使用または利用したことにより生じるいかなる損害についてもブログ管理者は一切の責任を負いません。自己責任において裏づけ確認を行ったうえで意思決定をお願いいたします。

・本ブログ上のコンテンツやURLは予告なしに変更または中止されることがあります。
[PR]
# by orataki01 | 2005-07-30 14:40
OSPG特別セミナーより

「今回のIT投資の費用対効果はきちんと出ているのであろうか」CEO、CIOの方々は少なからずこのような課題に直面したことがあるはずである。ただ漠然と効率化されたのでないかと感覚的にとらえるだけでは十分ではないし、数値化してどれくらい人件費が削減されたとか物流費が削減されたかと計測しても部分的にやっていたのでは真の効果を把握することができない。

そこにはIT投資マネジメントを導入する必要があるのだ。ITの期待効果というのは時代とともに変わってきた。最初の期待効果は「自動化・省力化」であった。これは既存業務を単にコンピューターに代行させただけであり、人員削減効果や作業時間削減効果が指標として用いられた。

次のステージになると期待効果は「データ活用」となってくる。蓄積されたデータに情報としての意味づけをし、分析することにより意思決定支援することが効果であるとされてきた。この意思決定支援というのは数値化することがやさしくはないが意思決定に関するプロセス費用や○×方式の決定にはなんとか定量化できるものであった。

現在では第三段階にはいっている。期待効果はズバリ「ビジネス変革」である。ビジネスそのもののやり方をどう変えられるかがキーポイントとなってくる。この第三段階ではインターネット技術をベースとするものが多く低価格導入できることかさらも中小企業にも適用されやすい。ビジネス変革して効果があるかどうかは事前に新ビジネスの青写真が描けるかどうかにかかっている。

青写真を描く際に、このITに関わるステークホルダーの享受するメリットを把握しなければならない。ステークホルダーは大別すると「経営者」「情報システム部門」「現業部門」に分けられる。経営者は「それで儲かるのか」という視点をもち、情報システム部門は「それで役立つのか」という視点を持ち、現業部門は「それで便利になるのか」という視点を持つ。3者の思いは異なっているのが普通である。

さて、IT投資効果にについて整理してみる。われわれはTCO(Total Cost of Ownership)
という概念に振り回される危険性があることを認識しなければならない。TCOとはコンピュータシステムの導入、維持・管理などにかかる費用の総額のことである。

従来、コンピュータシステムのコストは製品価格(導入費用)で評価されることが多かったが、近年のコンピュータシステムの複雑化や製品価格の下落などにより、コンピュータシステムの維持・管理やアップグレード、ユーザの教育、システムダウンによる損失など、導入後にかかる費用(ランニングコスト)が相対的に大きな存在となったため、TCOが注目されるようになった。つまり、平ったくいうと初期投資費用の安さにだまされてはいけないということである。

しかしながら、最近ではTCOでは不十分でありTVO(Total Value of Opportunity)
を考えるべきというのが主流になりつつある。

ガートナーではIT事業貢献の最適化支援としてこのへんを体系化している。新たな視点は「財務的な将来価値」「事実上の実施優先順位」が加味されている点である。財務的パーフォーマンスでは「市場感応度」「顧客感応度」「従業員感応度」などなど細かい指標が設定されている。これらをモニタリングすることにより、より精度の高い効果測定ができる分けである。

ただし、このようなモニタリングを高額なコンサルテーションを通じて行なうこと自体が意味のあることなのか十分に吟味しなければならない。モニタリングすることが目的になっては元も子もない。
[PR]
# by orataki01 | 2005-07-17 22:48 | 中小企業診断士

夢しか実現できない

b0016323_10174989.jpg

[PR]
# by orataki01 | 2005-06-25 10:18
この本の原典の英語タイトルは「Who Says Elephants Cant's Dance?」。つまり「誰が巨象は踊れないなんて言ったんだい?」ということになる。英語タイトルのほうが負けず嫌いなガスナー氏の気質を表していて面白い。この本は「丸ごと一冊IBM」なのであるが沈没寸前のIBMをいかにして再建したかという経営書である。

IT業界(その当時はコンピューター業界と呼ばれていた)にさほど詳しくないガスナー氏がいかにして巨象を躍らせたかが克明に記されている。コンピューター業界のことがある程度分かっていない人にとっては言葉や考え方を理解するのに苦労する箇所が何箇所があるとは思うが、全体的にそれほど専門的でない記述に安堵して読み進めることができた。

「世界のIBM」という企業が巨大であるということは分かっているつもりであったがその昔、ここまで官僚的で大家族的(家父長的)な企業であるとは知らなかった。家父長的な企業風土というのは創業者のトーマス・ワトソン氏の理念によるものであるが、話をそこまで昔に遡らせる必要は無い。その当時、理想とされてきた思想が現在「変化の時代」にあってどう不適合を起こしてきたかを理解すれば事足りる。

組織についての原則論をいうと組織が大きくなると官僚的組織形態にするのが合理的な判断であり、何も官僚的組織を悪者扱いすることもない。しかし、いろいろな前提条件を見過ごすと大きな誤りとなる。ひとつは「企業」かどうかである。文字通り役所や官僚の組織であれば存続を左右する収益性にこだわる必要がないのでOKだ。ふたつめは経済の拡大局面にある場合である。量的な成長は分散型の意思決定よりも統一的な管理形態のほうが恩恵に浴する割合が高い。

ガスナー氏の行なってきた経営改革・企業風土変革の骨子は、どこの経営書にもでてきそうな内容のものばかりで、計画策定だけなら自分にもできそうな気さえする。しかし、それを全社に適用し浸透させる力というものは並大抵のものではないはずだ。彼はその力の源泉を「情熱」という言葉で表している。

情熱が人を変える。人が企業を変える。といった良好なサイクルが経営革新には必要であると思う。カッコよく言うならば「エンパワーメント」ということになろうか。エンパワーメントの連鎖が大きなうねりとなり巨象を動かす。そしてエンパワーメントを下支えするのが憲法にも似た「原則」を決め貫くことなのである。

ガスナーはIBMの新しい企業文化の基礎になる8原則を策定した。この原則がIBMの変貌振りに深く影響していることが窺える。以下にその8原則を付記する。

1)市場こそがすべての行動の背景にある原動力である
2)当社はその核心部分で品質を何よりも重視する技術企業である。
3)成功度を測る基本的な指標は顧客満足度と株主価値である
4)企業的な組織として運営し官僚主義を最小限に抑えつねに生産性に焦点をあわせる
5)戦略的ビジョンを失ってはならない
6)緊急性の考えをもって行動する
7)優秀で熱心な人材がチームとして協力しあう場合に全てが実現する
8)当社はすべての社員の必要とするものと事業を展開するすべての地域社会に敏感である

また行動様式も新しい様式に塗り替えられた。

1)製品本位 →顧客本位
2)自分の道を行く →顧客の方法に従う
3)士気向上を目標に管理する →成功を目標に管理する
4)逸話と神話に基づき決定する →事実とデータに基づき決定する
5)人間関係主導 →業績主導
6)政治的公正 →アイデアと意見の多様性
7)個人を非難 →プロセスを非難
8)見栄えの良い行動 →説明責任
9)アメリカ中心 →世界的に分担
10)ルール主導 →原則主導
11)個人を評価 →集団を評価
12)分析に完璧さを →緊急感をもって決定を
13)他社の発明無視 →学習する組織
14)すべてに予算を →優先順位を


従来の行動様式は右肩上がりでシェアも安定している巨大企業の論理であり、現在あたりまえに考えられている行動様式とは正反対のものであった。

ガスナー氏は「休みない自己改革」の章の中で以下のように述べている。
:規模が大きく、しかも動きが速い
:起業家精神があり、しかも規律がある
:科学を重視すると同時に、市場主導型である
:世界規模で知的資産を作り出せるとともにそれを個々の顧客に提供できる
:新しい企業であり、常に学び、常に変化し、常に自己変革を行なっていく
:強固で事業を絞り込んでいるが新しいアイデアをいつでも受け入れる
:官僚主義、偽善、駆け引きを嫌う。実績に報いる。
そして、何よりも活動の全てで人材と情熱を求める。

この相矛盾する言葉の両立がバランスのある良質な企業を作っていくのだ。個人レベルでも同じことがいえる。どちらかに偏った人間というのはよろしくない。
:冷徹な判断をする反面、暖かい思いやりもある人
:慎重であるが時に大胆に振舞う人
等など、良質な二面性を追求することは人間の成長と自己変革促すこととなろう。
[PR]
# by orataki01 | 2005-06-25 08:52
■全員営業
ウチは店頭営業。だからお客様の目は店舗全体にいきわたる。全員営業の総力戦で戦う。

■「普通」はダメ。「満足」に○がつくように
客は多少不満があっても「普通」に丸をつける。心から満足してもらうには一番左端に丸がつかなければならない。

■先輩がマニュアル
率先垂範。これに勝るものなし。マニュアルは読まれないし守られない。先輩が生きたマニュアルになるべきだ。

■読書感想文を書かせる
良い本は会社で購入して配布する。かなりの金額を使ったが社員の心の糧になっているはずだ。初回は「真実の瞬間」だった。

■30Sを貫く
5Sで顧客が満足する時代ではない。現在当社は30S。(整理/整頓/躾/清掃/素直/親切/真剣/債権ゼロ/スピード/スマイル/サンクス/サービス精神/センス/ショールームはリビング/節約/率先垂範/切磋琢磨/趣味の推薦/創意工夫/先輩がマニュアル/心配が幹部の仕事/失敗は会社の財産/先生はお客様/すばらしい相棒)これからも社員の提案で30Sをブラッシュアップしていく。

■現状にとどまることは許されない
時代が変われば社会が変わる。社会が変わればお客様も変わる。であれば現状にとどまることは許されない。

■客の喜びは自分の喜び
イキイキワクワクをモットーとする。お客様の喜びほどすばらしい報酬はない。

■総合力、人間力が強み
人間力の評価がハードウェアの評価も引き上げる。ウチは総合力・人間力で勝負する。

■自動ドアから手動ドアへ
ゴールデンウィークにかなりの店舗で自動ドアから手動ドアに切り替えた。お客様の姿が見えたら飛んでいってドアを開けて差し上げる。お客様からはお礼の言葉をいただける。自動ドアに対してお客様は感謝しない。

■「古い」と「汚い」とは関係ない
本社社屋は20数年前のまま。ボロいが汚くはない。いつも掃除を欠かさないからピカピカだ。お客様はそのように評価していただいている。

■企業の責任
1.社員に対する教育責任(真剣に愛して真剣に叱る)、2.アフターサービス責任、3.販売責任

■作業と仕事は違う
作業とは決められたことを決められたとおり行うこと。仕事とはお客様や仲間のことを考えてどううすればよいかを実行に移すこと。
[PR]
# by orataki01 | 2005-06-06 07:58 | 座右の銘