こんさーる日記の別館です


by orataki01

6月のIT.経営研究会

今日こそは3タコ脱出ということでITキーワードの予習をやってきました。結果は「聞いたことがある」レベルがひとつ。あとは初耳ばかり。

【今月のアンケート】

1)EPCグローバル

流通標準化機関である欧州の国際EAN協会と米国の流通コード機関であるUCCが共同で2003年9月に設立された非営利法人で、ICタグとネットワーウ技術を組み合わせたEPC (Electronic Product Code)システムの管理および運営を行っている。ICタグシステムの研究と国際標準化を進めてきたオートIDセンターの研究成果を引き継いでいる。ここでの決定事項が実質的なRFIDの国際流通のスタンダードとなっている。

→グローバルということだから何かの国際機関だとは思っていたのですが。バーコードやQRコードなど放置してたら枯渇問題に発展しそうなものを取りまとめることが必要なんですよね

2)DynamicsCRM

マイクロソフトが提供する業務アプリケーションソフト。同社にとってははじめての業務領域への進出をかけた商品。有力なベンダーが担ぎ手になっていることに加え低価格戦略で市場浸透を図っている。将来的に勢力地図が塗り替えられる可能性もあり。

→CRMといってもプレーンな顧客管理が中心のようです。(詳しくは調べていません)中小企業向けであればコテコテした余分な機能を削いで価格を抑えたほうが喜ばれます。

3)SQLインジェクション

アプリケーションのセキュリティ上の不備を意図的に利用し、アプリケーションが想定しないSQL文を実行させることにより、データベースシステムを不正に操作する攻撃方法のこと。

→そういえばセキュアド勉強してたときに出てきました。もう半分忘れてます。

【気になるIT記事】

1)YahooのPVは世界一。月間利用者は4000万人突破。

私もYahoo抜きでは考えられない環境になってしまっています。家族も皆、Yahooのメールやコンテンツを利用しています。タダでも使い勝手がいいこと。これが決め手です。

2)ITキーワードの栄枯盛衰を知る

ITキーワードのライフサイクルは非常に短い。初期段階でオピニオンリーダーのアナリスト・ベンダーが話題性を振りまく。そして、雑誌・セミナーで取り上げられ全盛期に移行する。これから先は成熟期を迎える定番用語と一過性のあだ花として衰退していく用語とに分かれる。前者は「データウェアハウス」などがあり、後者には「ネオダマ」「SIS」などがある。

3)画像処理テクニック

画像処理でここまで修正できるというワザの紹介。メンバーはGIMPというフリーソフトを使用して処理してましたが、なかなかの出来栄え。しみ抜き・皺取り・毛染めも簡単にできます。これからの履歴書は美男美女ばかりになる日も近い?

4)近代デジタルライブラリーとは

昔の本で希少価値のあるような本を画像として読むことができます。「学問のすすめ」などちょっと本屋にはないような原典読書の気分が味わえます。

5)上場企業のIT部門はリスク評価が苦手?

来年試行のSOX法。ところが関連セミナーの参加者はコンサルばっかりというヘンな現象があるようです。はっきり言って盛り上がってないみたいです。日本人特有の「みんなで整備しなきゃ怖くない」という論理でしょうか?

6)楽天、IP電話のフュージョンを買収

ネットショップのなかにはHPの説明だけでは不十分な商品もある。クリックしてIP電話で問い合わせてもらおうという算段らしいがそううまくいくかどうか。

7)嫌いなインターネット用語ワースト10

1位:フォークソノミィ
2位:ブロゴスフィア
3位:ブログ
4位:ネチケット
5位:ブルック
   中略
9位:クッキー
10位:ウィキ

ちなみに英国人2091人に対するアンケートですので。。日本人とは違うよね。
[PR]
by orataki01 | 2007-07-01 10:20