こんさーる日記の別館です


by orataki01

釈迦の教え

【マーキュリー通信より引用】

この世では、人生産まれてから「生老病死」という4つの苦しみを経験します。更には、

怨憎会苦(オンゾウエク):嫌な人と会う苦しみ、
愛別離苦(愛している人と別れる苦しみ)、
求不得苦(グフトック):求めても手に入らない苦しみ、
五陰盛苦(ゴオンジョウク):五感煩悩が燃えさかる苦しみ

これを四苦八苦といいます。いずれも自己中心で、自分よかれと思う心の煩悩により様々な苦しみを作ります。しかし、別の見方をすれば、四苦八苦は、その人の魂を向上するための問題集とも言えます。四苦八苦を克服するために、釈迦は八正道を説きました。

正見(正しい見解)
正思(正しい考え)
正語(正しい言葉)
正業(正しい行為)
正命(正しい生活)
正精進(正しい精進)
正念(正しい精神の集中)
正定(正しく定にはいる)

の8つの反省を通じ、四苦八苦から逃れることが出来ます。八正道の教えの中に五戒があります。

不殺生(フセッショウ):「人を殺すな」という意味ですが、これを徹底するだけで、殺人事件が減ります。
不偸盗(フチュウトウ):「盗みを働くな」という意味ですが、万引き、強盗、ピッキング等が減ってきます。
不邪淫(フジャイン):「淫らな性的関係を結ぶな」という意味ですが、この教えが徹底されれば、不倫が減り、現代の男女の乱れた交際が減少し、離婚も減ってきます。

以上3点が八正道の正業に当たります。

不妄語(フモウゴ):「嘘をつくな」という意味ですが、これを徹底すれば、役人、政治家、大義名分の多いビジネスの嘘が減ります。これは正語に当たります。
不飲酒(フオンジュ):アル中が減り、賭け事にのめり込んだりする人が減少します。これは正命です。

私の子供の頃は、上記五戒が少ない社会でしたが、最近はこの五戒をしっかりと学で欲しい人が、政治家、官僚、経営者を始め、世の中にごまんと存在し、この五戒を徹底するだけで世の中が良くなってくると思います。
[PR]
by orataki01 | 2005-04-10 20:14 | 座右の銘